Entries

冬に向けて…

まるで興味がなかった国、バンコク。
でもこの記事読んで行きたくなりました。
最高目的がトイレの海外旅行。
こんにちは。

♪ふ~ゆ~がぁ~はぁじまるよ~♪byマッキー
でおなじみの冬将軍が着々と上陸準備をしておりますね。
個人的に冬は夏よりも買いたいグッズが多いです。

まずコチラを2つ。
だって片方だけじゃ…どうせなら両手にかぶせたい。

続いて似てるけどコチラ

ってもうここのお店で5千円以上買い物するともらえる

ふわふわにゃんこソックス

がほしいのよーーーーーーー!!!!

で、季節に関係ないけど、メガネ愛用者なので
コレも欲しい。
スポンサーサイト



嫌いから好きへ

本日、石川県(金沢市)は雨模様。
朝のパトラッシュの散歩は大変でした。


ヒマでヒマで仕方がないときは、wikipediaで
ヒマをつぶしているんですが、毎回見てしまうのが
ネコのページです。

ネコ嫌いだったけど好きになったとゆう話は
よく聞きますが、私の母上がまさにそんな人。

実家に住むことになり、当然ながらウギっこも一緒にいる。
意外に母上のほうがちょいちょいホームセンターなどに行き、
ネコのおやつなんかを買い込んできている。
人見知りの激しいウギっこですが、おやつ作戦が功を奏したか
だんだん母上にも愛想を振りまくようになってきた。

思い切って母上に聞いてみた。

「なんでネコ嫌いだったの?」>私
「だって、飼ったことなかったし。」>母上
「えっ、それだけの理由で?」>私
「…特に嫌いだったわけじゃないけど…なんで?」>母上

なんか脱力してしまった私は、母上に見せた。
両目でウィンク
人はなぜネコをかわいいと思うのか

読んだ後、母上はつぶやいた。
「ウーギーも、ネコなんだねぇ…」

…今までウギっこはネコじゃなかったんですか?

デロリアン

やめられないことがありすぎて困ってマス。
朝寝坊、ウギっこの睡眠の邪魔、独り言、口が開いてしまう、
毎朝の弁当を母上に頼る、ついでに晩御飯も頼る、
パトラッシュ(犬)に話しかけるときに仰向けにしてしまう、
携帯を忘れて出かけてしまう…などなど…

バイト中、ジュースを買いにコンビニに出かけたら
どっかの家からネコが飛び出してきた。
びっくりして飛び出てきた家を思わず見ると、
今度は若い女性が転がりそうになりながら出てきた。
その女性は慌てながら叫んだ。そのネコの名前を…

「デロリアーン!!」

一体なぜ、その名前を命名したのか驚くヒマもなく、
私もデロリアン捕獲作戦に急遽(勝手に)参加。
飼い主らしき女性も暗黙の了解で参加を認めてくれて、

「あっちからはさみうちで!」
と見るからにテンパりながらもねこじゃらし貸し出し。
じゃらしを揺らしながら、私も

「デロリアン?デロリアン?」
とつぶやきながら膝歩きでにじり寄る。
気持ちはほふく前進。

はさみうち作戦をしているうち、家から男性が出てきた。
ニボシを両手いっぱいに持っている。

デロリアンはニボシを見たせいか匂いがわかったせいかは
わからないが、男性の元へまっしぐら。
私と飼い主の女性、苦笑いしながら膝についた土を掃う。

まぁともかく、デロリアンがおうちに帰れてよかった。
ニボシ食ってゆっくり休んでおくれ、デロリアン。

ジェネレーションギャップ

毎年、夏の終わり頃には「髪伸ばそう」と思いつき、
毎年恒例でこの時期は髪型が非常にヤバい状態になっている者です。
ムッシュかまやつ氏のがマシだと思える程です。
想像してください。こんにちは。

コールセンターでバイト中なのですが、
バイトの先輩はみ~んな年下。
最大で10歳、一番近くて6歳年下。
そんで、メーカーさんの連絡先一覧表の中に
「志村さん」て方がいらっしゃって、
6歳下までだったらわかるだろ…とタカをくくり

「志村って、{志村、うしろ、うしろー!}しか
思いつきませんよね!どひゃひゃ!!!」

と言ってみると、見事にノーリアクション。
33歳の室長に

「…わかってもらえてないみたいだけど…(失笑付き)」

と軽くジャブを頂きました。
ジェネレーションギャップって怖いなぁ。。。


ちなみにピンクの公衆電話とか、知らないらしい。
えっと、黄緑のは知ってるか聞いてみたところ、

「公衆電話って確か…灰色じゃなかったっけ?」

とゆう、ウロ覚え的な回答だった。
今はもう携帯時代だものね。そうゆう意味のウロ覚え希望。


ギェネレーションギャップに関係ないけど、
客先から電話があって、初めて対応するトラブルだったので
確認のためにかけ直すことになった。
上司に確認をとり、指示を仰いで客先にかけ直すと
担当の人じゃない人が出た。

思わずびっくりしてしまい、
「先ほどの○○と申しますが…」
と会社名も名乗らなかった私がおかしいのですが、
担当を呼ぶときに、保留にもせずに

「さっきの者から電話ですけど、どうします~!?」

って言うのもいかがなものかな。

何回読んでも…

めっきり寒くなりましたね~
でも今年は冬将軍は来るのでしょうか?
暖冬、とゆうウワサもちらほら耳にします。こんにちは。

私は気に入ろうが入るまいが、買った(読んだ)本は
手放したりしない主義です。
図書館で借りた本はちゃんと返しますよ>当たり前!

あんまりおもしろくないと感じた本でも、とっておく。
けれど、あまり読み返したりすることもないので、
本棚の奥にひっそりと生息している。

おもしろいと感じた本でもベッド脇の本棚に置くか
クローゼットの中の本棚に置くかでもお気に入り度は違ってくる。
気に入っている本でも、汚したりしたくないとかで
特別大切にしたい本は仕方なくクローゼットの中の
本棚にしまうこともある。
たいてい透明ビニールのブックカバーをつけるので、
絶版になっていたりとかの本だけですけど。

そんな中、かばんに常に入れている本があります。
ネコの住所録とゆう本なのです。
元々、著者の郡 ようこさんは好きな作家さんです。
ネコ好きな作家さんとゆうことで妙な親近感さえある。
ネコの住所録には、エピソードの全てがネコなわけではないが
どの動物が描かれていてもおもしろい。
何回読んでも、どこで読んでも、いつ読んでも、
「プッ」
と吹き出したり
「アハハッ」
と大笑いできるので、常にかばんに入っている。

友達との待ち合わせ時間よりワザと早めに到着し、
車の中で読んだりしているので、本末転倒だが、
眠る前にベッドの中で読むのは危険すぎる。
笑いが止まらず、きっと眠れなくなるので、
かばんの中が一番最適な保管場所だと納得している。

ちなみにバイト中も読んでいた。
大笑いしてしまい、室長にバレた。

同じく郡 ようこさんの「トラちゃん」。
早く読みたいなぁ。早く届かないかなぁ~

Appendix

プロフィール

イオナ

  • Author:イオナ
  • 主:ビリー王子(イタチ)
    長女:ウーギーたん(ネコ)
    長男:トッティー(イタチ)
    次女:しーちゃん、マリー
       (イタチ)
    三女:パトラッシュ(イヌ)

    お世話役員:イオナ(ヒト)

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索